フカヒレぷるるんが持つコラーゲン

女性にとっては永遠のテーマとすらされる「美」。

 

その定義は曖昧ですが、年齢と共に失われていく美しさの中で、もっとも顕著に現れるのは、ずばり肌でしょう。しわ、くすみ、ハリやツヤがない。弾力を失い、水を弾かなくなった。どんな女性であっても、お肌にトラブルを抱えていると魅力が損なわれてしまうものです。

 

皮膚からコラーゲンが不足すると、そのお肌はかさかさになってしまいます。また、コラーゲンを摂取する事は腰痛や関節痛にも効果があります。しかしどうせコラーゲンを摂るなら、ただ何でも良く無節操に摂るよりも、高品質なコラーゲンを無駄なく摂取したいものですよね。

 

フカヒレぷるるんにはコラーゲンが大量に含まれています。そもそもフカヒレとは、様々な食品が並ぶ中でコラーゲン含有量1位を誇る食品です。そしてその豊富なコラーゲンは、何かと話題になった豚コラーゲンを遥かに上回る、その2倍の吸水性能を保持しています。コラーゲンという栄養素で選ぶなら、フカヒレが一番でしょう。

 

しかし、それは通常のフカヒレの話。フカヒレぷるるんはこれだけではありません。あの楊貴妃が美を守るために食べ、愛したというツバメの巣がフカヒレぷるるんには含まれているのです。

 

休む事なく飛び続け、眠る時すらも飛んだままというアナツバメが作るツバメの巣は、古来より高級食材として扱われてきました。それもそのはずで、ツバメの巣には非常に豊富な栄養が詰まっているのです。その栄養の中には希少なシアル酸という成分が豊富に含まれているのですが、このシアル酸にはコラーゲンの摂取をサポートする効果があるのです。そしてツバメの巣が持つシアル酸は、驚いた事にもローヤルゼリーの200倍もの量が含まれているのです。

 

フカヒレぷるるんがあれば、効率よく、かつ大量のコラーゲンを摂取する事ができるでしょう。